公式情報

Nintendo Switch本体アプデ14.0.0配信開始。ついにフォルダ機能実装

ソフトの「グループ機能」や本体からのBluetoothオーディオ機器の音量操作が追加へ

任天堂は3月22日、Nintendo Switch本体アップデート14.0.0を配信開始した。内容は以下のとおり:

HOMEメニューの「すべてのソフト」に「グループ」機能を追加しました。
「グループ」を作成して、好きなソフトを登録できるようにしました。
ソフトのジャンルやメーカー別などでグループを作成しておくと、目的のソフトが探しやすくなります。
-「グループ」は最大100個まで作成することができ、ひとつの「グループ」には最大200個までソフトを登録できます。
-「すべてのソフト」は、ソフトアイコンが13個以上ある場合にHOMEメニューの右端に表示されます。

「Bluetooth®オーディオ」の音量動作を変更しました。
Nintendo Switch本体から、Bluetoothオーディオ機器の音量を操作できるようになりました。
Bluetoothオーディオ機器の音量ボタンを操作したときに、本体の画面上の音量表示にも反映されるようになりました。
一部のBluetoothオーディオ機器の最大出力音量が大きくなりました。
– Bluetoothオーディオ機器がAVRCPプロファイルに対応している必要があります。

目玉となるのは、グループ機能の実装だ。グループ機能はいわゆるフォルダ機能にあたるだろう。Nintendo Switchでは、これまで複数のソフトをまとめる機能は存在しなかった。それゆえに、多くのソフトを所有するユーザーは、それぞれのソフトのアクセスがやや不便だったわけだ。今回のアップデートより、グループという名前でフォルダ機能が実装された。グループを作って、そこに放り込みたいソフト選んで作成する流れ。名前なども任意に入力できる。詳細は任天堂公式のグループの項目をチェックしてほしい。

そのほか、Nintendo Switch本体からBluetoothオーディオ機器の音量を操作できるようになったことも大きな変更だろう。小さくも重要な機能が実装されたNintendo Switch本体更新バージョン14.0.0は、現在配信中だ。

(引用:https://automaton-media.com/articles/newsjp/20220322-196263/)

Twitterのみんなの反応はこちら

管理人
管理人
遅いよ!とは言わない!ありがとう任天堂!

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA